FC2ブログ

マジックが趣味の50才男子ぶねお君が、マジックブログの人気ナンバーワンを目指す! (*´∀`*)日々の記事は、実演に役立つ 「ヒント集」たる項目です。次行中央、「全記事一覧」をぜひクリックしてごらんください。

カテゴリ 

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事 

月別アーカイブ 

FC2カウンター 

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

たびたび2ちゃんねる系のことばかり連続で
雑談にしてまして恐縮。
( ´_ゝ`)

 ↓

2ch出身の偉人多過ぎワロタwwwww
http://fknews-2ch.net/archives/27446494.html

ネゴトワ・ネティエ[Negtva Netie]
(ルーマニア.1935~54)

ダレソレ[Pierre Daresolet]
(1566~1593 フランス)

エーカゲン2世(1905-1968)

シネカス [Philip Cinecuss]
(1890~1963 アメリカ)

ツーカ・コレカ・ラッショ [ T.C.Rasyo ]
( 1987 ~ 2011 )

オマワ・リサンコッチ [Ohmawa Riisankocchi]
(1974~2009 ネパール)

ホホウ・ソレ・デ・ソレデ
(1990~2005)

グロ中尉[First Lieutenant Gros]
(1932~ アメリカ)

ヒョウロンカキドリ 
山梨県 富士樹海他の鳥が作った巣に難癖をつけ、攻撃する習性を持つ
しかし自分では巣を作らない

御前賀 夕奈(1991~ 日本)

チャー・フイター [Char Fuitter]
(1847~1912 オランダ)

ソレナンティエ・ロゲ [Sorenantier Roget]
(1863~1937 フランス)

ググレカス [ gugurecus ]
(西暦一世紀前半~没年不明)

南冲尋定[なんちゅうえろさだ]
(越前国の刀工。生没年不祥。作刀期間1493~1526年)

南快楽 捨幕斎
[なんかえらく すてまくさい]
(江戸の狂歌師。生年不詳~1754年)

その他、多数。

「寝言は寝て言え」=ネゴトワ ネティエ
の例のように、
アスキーアートによる人物画と、いかにもありそうな人物名が
ダジャレで罵倒語になっているのが可笑しいジョーク。
あたかも歴史上の偉人が、自分の名前でもって、他の(2ちゃんねるの)投稿者を
嘲笑しているような風情。

私はこれが大好きで、特に「ネゴトワ ネティエ」氏が好きでした。
おもしろいことを考える人がいるものです。
(*´∀`*)

ああああ、マジックのブログでした。
(´д`)

もうだいぶ時間がたってしまってますが、12月9日の
「秋田さきがけ新報」。
常盤貴子(女優)の執筆にかかるエッセイの連載、
「まばたきのおもいで」の12回目らしい。
これって、全国版の他の新聞にも同時に連載されてますのでしょうか?
それとも秋田さきがけだけに連載されているもの?
いずれにせよ、あまりメジャーでない記事のはずですので、A田県外の
皆様など全国の当ブログの読者の皆様のために、
こちらに全文を引用してご紹介します。

***(引用開始)******************************

常盤貴子

マジック鑑賞は苦手

万人がまじっく好きだと思ったら、大間違いなわけですよ。
確かにマジックというものは、とっても不思議で、一瞬のうちにパッと世界を
変えてしまう面白さはある、と思う。
だけど、それに対して「わぁ、スゴイ!」と言えない人種もいることに、
マジシャンたちは気づいているのだろうか。
マジックハラスメントと名付けちゃダメですかね?

時折、撮影の合間にマジックを披露し、共演者あちを大いに喜ばせて
くれる俳優さんがいる。
他の共演者やスタッフが一緒ならどうにか乗り切れるのだけれど、
たった一人で対峙しなければならないときが大問題。
マジックショーが始まりそうな雰囲気だけは決してつくってはいけないので、
とにかく、ずーっとしゃべり続ける。
これが撮影以上に疲れてしまう。
始まってしまったら、進む先には恐ろしく不安定な”吊り橋”。
一歩、一歩、間違いがないように、私はどちらともいえない笑顔と、
「ふぅ~う」という曖昧な合いの手を入れながら慎重に渡っていく。
前半、何とかクリア。
中盤、危なっかしい気配はあったが、大丈夫。
さぁ、勝負の後半!ヒューンドン。落下。無念。やっぱり失敗。
マジシャン渾身のドヤ顔、オチがやってきても、私はどうにも無反応。
かろうじて「あははっ、なるほどね」なんて言ったところで、そんなの
全く求めていない反応だから、「リアクション薄いなぁ」と失笑されて
しまう。
きっと心の中では
「二度とコイツには見せてやらねぇ」
「かわいくない女だせ」
なんて思われているんだろうな。

「はい、二度と見せないでくれると助かります」
「かわいいリアクションができる私だったら苦労していません」
と心の中でつぶやきながらも、やはり申し訳ない気持ちになってしまう。

そもそも、私はビックリしたくないのよねぇ。
サプライズパーティーとか、本当に苦手だし。
しゃっくりが止まらなくて、何回も「わぁっ!」って驚かされるくらいなら、
しゃっくりさんとあだ名をつけられてもいいから放っておいてほしい。
そんな人にとっては、マジックがいかにストレスになるか、ご理解いただける
と思う。

マジックハラスメント、あながち、言い過ぎでもないと思うんだけどなぁ。
(女優)

**(引用終了)*************************************

わ、私(ぶねお君)の意見ではありません。
女優の常盤貴子氏の意見です。

なぜ、12月の記事を今ごろ、と言いますと。

かわいい私の愛妻が、古新聞を片付けていて、当該記事を目にし、
愛しい良人たるマジシャンでもある私(ちゅか君)のために、
マジック見せすぎのちゅか君は思いしれ、って意図だとのことで、
当該ページをキープしてくれたものです。
( ´_ゝ`)
決してブログとかで上から目線でネタにしないでよ、とのことですが、
時すでに遅し。
( ´_ゝ`)
あ、私の妻は私のブログやら、インターネット上に投稿した文章は、
どんなに奨めようとも、けっして読みません。
イライラして耐えられないんだと!
特に、愛する良人たる僕が、他者に罵倒されている姿は見るに忍びないらしいです(笑)。
( ´_ゝ`)

さて、私は、当該「マジック観賞は苦手」(常盤貴子)の新聞記事に対し、
どのような意見やら、感想やらを持っているのか?
当該問題に対して、具体的なる対応策はあるのか?

それは、数日以内の次回更新で明らかにされます。

だが、その前に!

当ブログの愛読者諸兄に、常盤貴子氏(女優)によるの当該新聞記事、
「マジックハラスメント」の件について、率直なるご意見を求めます。
ブログ筆者たる私の意見と一致するものやら、それとも正逆なものやら?
それは、次回更新のお楽しみです。
( ´_ゝ`)

それと、上記に描かれている実在の「俳優」氏、
常盤貴子の近年の共演者であろう人ですが、この方って、なんという俳優さんか
予想できる方はおられますか?
若手?
ベテラン?
ぜひこの辺も、ご教示をお願いしたいです。

はい。

それでは、常盤貴子氏の「マジックハラスメント」の主張に対する
率直な意見、GO!!!!
(最低、5~6件以上お願いいたします。)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
スポンサーサイト



2017/01/24 20:33|雑談その他TB:0CM:9

コメント
かなり的外れなコメントですが・・・削除も可
貴重な文献のご紹介感謝。
私の結論を申せば、常盤貴子氏は、大好きな女優(理由はそれだけですが)なので、氏のエッセイを全面的に支持します。氏は音楽CD「なかにし礼と12人の女優たち」において、なかにし氏の称賛を一番浴びた良い感性の持ち主です。つまり、その手品俳優氏は、空気が読めず手品愛好家の資格無し。同論、反論を激しくお待ち致します。
参考資料 音楽CD「なかにし礼と12人の女優たち」
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AB%E3%81%97%E7%A4%BC%E3%81%A812%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%A5%B3%E5%84%AA%E3%81%9F%E3%81%A1-V/dp/B00S5N8MZY/ref=pd_sim_15_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=YE3S0FTM3MG84GT67DV4
菊池 孝人 #NSbYZvFc|2017/01/25(水) 05:12 [ 編集 ]

おっしゃるとおり
わたしはマジックをするのが大好きです。ぶねおさんのブログもよく拝見しています。さらにマジックサークルに入っており、マジックを子供会や老人ホームで見せているのですが、そんな私でも常盤貴子さん同様マジックハラスメントに苦しんでいます。マジック仲間での飲み会で、マジック談義している時は楽しいのですが、新ネタ披露会みたいになった時は正直辛い。上手にリアクションできずに自分が申し訳なく思うこと多々あります。
テレビでアンビシャスを見ると、お客さんの芸能人が大声で「えー、うそー、気持ち悪い!」と叫びますが、それを私に求められても困ります。常盤貴子さんの気持ちが非常に非常によくわかります。

自分で演じる時は、わかりやすく短いものを選んでいますが、自分も誰かにハラスメントしているのだろうと反省させられる文面でした。ぶねおさんの対応策が早く読みたいです。
おらんと #-|2017/01/25(水) 13:39 [ 編集 ]


>>菊池孝人 さん

コメントありがとうございます。
常盤貴子氏の文章の引用は、菊池さんのご興味にドストライクであったとのことで、筆者としてもうれしいですよ。
提起しました議題へのご意見もありがとうございます。

当方の意見については、まだ伏せたいと思いますので、
今しばらくお待ちください。

>>オラント さん

コメントありがとうございます。

当ブログを日ごろご愛読くださっているとのことで、これもありがとうございます。

ほーー。これはずいぶんと貴重なご意見であり、とても
参考になります。
演者として多数のご経験をお持ちの、レッキとした演者側の方でさえ、なお、「マジックハラスメント」の被害者側の立場にもおられるとは!

私の意見及び感想、「対応策」につきましては、明日か
あさってには詳細を述べさせていただきますので、
ぜひご期待ください。
ぶねお #-|2017/01/25(水) 19:02 [ 編集 ]

マジックハラスメント
常盤貴子さんが全面的に正しいと思います。
なぜなら孝人さん同様おいらも彼女が好きだからです。
真面目な話、マジックを嫌いな方は結構いらっしゃいますし、
そうでない方に対しても、マジックは少し間違えば嫌な感じになりやすい芸能だと思います。

少し近いこぼれ話
TVドラマの「トリック」撮影時、仲間由紀恵さんは、マジックを東大奇術愛好会(奇愛)の方に習ってたそうですが、
その先生がなかなかエキセントリックな方で、その方に会うのが嫌で嫌でマジック習うのが苦痛でたまらなかったそうです(本当w)
(1stシリーズの最後のDVDに収録されてる対談より)
http://amzn.to/2japu03

いずれも身につまされるというか耳が痛い話です。(おいらには)
オイラー #5QMPEfrw|2017/01/27(金) 13:06 [ 編集 ]

2ch出身風の著名人
ザックバランスキー
[zack baranski]
(1992~ アメリカ)
(性格 ざっくばらん)

http://bit.ly/2kzifuQ
オイラー #5QMPEfrw|2017/01/27(金) 13:23 [ 編集 ]


>>オイラーさん

コメントありがとうございます。

ドラマ「トリック」仲間ゆきえ主演については、私も見てました!
10年以上前ですよね。
仲間ゆきえは、私のお気に入りでしたよ。
NHK大河ドラマに出てた仲間ゆきえもお気に入りでした。

議題たるマジックハラスメント関連の私の意見や感想については、次回更新まで伏せさせていただきたいです。

ザックバランスキー氏
ええええ、これが現役選手たる実在の人物で、
しかも本名?
(´д`)
これはおもしろい!
「ひびきわたる」「まるでだめよ」とかみたいに、
実在は実在でも狙って命名したのとはわけがちがいますね。
ぶねお #-|2017/01/27(金) 19:57 [ 編集 ]


上司が「珍しいモノを食わしてやるから楽しみにしていろ」と連れて行かれたのが、上司の知人が営む会員制のような焼肉屋さん。入口扉は暗証番号式になっていて、どうやら一見さんお断りらしかったです。

店内に入り、席に着くと上司が「じゃあ、例のモノ頼むね」と言うと、知人の店長自らが「くれぐれも他言無用ですよ。安全性は長年この世界で飯食ってきた私が保証します。自信が無ければリスク背負ってまで出しません。」と得意げな表情で持ってきたのが「レバ刺し」。
1人分づつに分けられたレバ刺しは、私の前にも配膳された。

上司も得意げに「お前ら幸せ者だぞ。今じゃあもうこんなのは望んでも食えるもんじゃないからな。特にこの店のは品質も鮮度も良くて、何より旨い!絶対に他所では味わえないから。」と話し、旨そうに食べ始めた。

同僚も一口食べて「これ、めちゃくちゃ旨いですね!」と絶賛。一皿ペロッと平らげた。
それを見た上司は「そうだろ、そうだろ。俺が勧めるものにハズレはないから。また連れてきてやるから、その代わり、この店でレバ刺し提供してることは絶対内緒だぞ!」と超ご機嫌。

私…
焼肉は大好きなんだけど、レバ刺しとかは正直好きではないのです。
けれども既に当然のように配膳されたレバ刺しを前に、またそのような雰囲気の中で、遠慮する勇気もなく、一口食べてみる。
う〜ん、想定内の味。しかしながら、レバ刺しが好きな人ならば、さぞ歓喜するんだろうなと思うと申し訳なく思われたり。また、私が感動しないことが、折角連れて来てくれた上司や、法を顧みずにレバ刺しを提供してくれた知人の方に、何だか失礼なことをしているような気さえして、複雑な気持ちで過ごしたことがありました。

いくら素晴らしいものでも、残念ながら興味が無ければ響かないんですよね。。


今回の記事きっかけに、そんなことを思い出しておりました。
#FHvVCJ1A|2017/02/09(木) 23:01 [ 編集 ]


マジック得意な俳優で、私が直ぐに思いつくのは、嵐の二宮和也か、山本耕史かな。

両者の内だとすれば、過去に共演があった山本耕史?

まあ、マジックを趣味にしてる俳優が2人だったらの話ですがね。
#FHvVCJ1A|2017/02/09(木) 23:34 [ 編集 ]


>> 上司がレバ刺し~の方

おおお、こ、これはたいへんわかりやすい例えです。
貴重な実話を示していただいてありがとうございます。
なるほど。
嫌いなものを無理強いされたほかに、罪悪感までもを与えられてしまうというのでは、それはつらすぎますね。
あらかじめレバ刺しは好きかどうか、聞いてから連行してくれればいいんですね。

脱線いたしますが、当方はレバ刺しやらユッケやら大好物だったんです。
( ´_ゝ`)
わずか数例、重篤な事故の例があったからと言って、
永年国民が愛好してきた食文化を全面的に禁止というのは、そういう当局の判断はいかがなものかとつくづく思います。

それにしても、お嫌いな貴殿は残念でありましたが、レバ刺し好きで連行された同僚の方はうらやましい。
もし連行されたのが私だったらばその上司の方は ネ申 に思えたことでしょう。ドアが暗証番号になっているとはすごそう。

二宮、山本耕史の件
おおおお、つ、ついに判明!
「常盤貴子、山本耕史」で検索したり、
マジックが得意な芸能人で検索したら、いろいろ
読めて楽しかったです。
なるほど~。
ありがとうございました。

(常盤はともかくとして)、共演者たちに大うけとか、マジックできるおかげでモテモテとか、そのように書かれている!

ぶねお #-|2017/02/10(金) 18:47 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://buneo1969.blog85.fc2.com/tb.php/416-8d551efc

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

FC2カウンター 

プロフィール 

ぶねお君

Author:ぶねお君
はじめまして。
ぶねお君と申します。
(*´∀`*)

50才男子、会社員、ブログ開始当時小学生だった愛娘たちはもう成人してしまいました。
趣味がマジックなのですが、今までマジック関係のいろいろなところにいろいろなハンドルで投稿してました。
(*´∀`*)
マジック歴は20年超なのですが、相変わらず下手です。
(ですがたまには大成功します。結構な頻度でほうぼうに出演してます。)
マジック自体は下手ですが、マジック関連の投稿については、
分量も鑑みて相当やれる方かな、って自負してる僕。

最新コメント 

リンク 

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック 

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QRコード

Copyright(C) 2006 50才ぶねお君のマジックブログ人気ナンバーワン! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.