マジックが趣味の40才男子ぶねお君が、マジックブログの人気ナンバーワンを目指す! (*´∀`*)日々の記事は、実演に役立つ 「ヒント集」たる項目です。次行中央、「全記事一覧」をぜひクリックしてごらんください。

カテゴリ 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事 

月別アーカイブ 

FC2カウンター 

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

ゆうべのお目々の充血は本当ひどかったんです。
目を開けてるだけでもう苦痛で。
(´д`)
ホラー映画のゾンビみたいな顔になってました。
こんなひどいお目々の症状ははじめてですよ。
(´д`)

パソの画面をみてると自覚症状がますます悪化して、更新はおろか
いただいたコメントに対する返信もろくに書けませんでした。
(´д`)
申し訳ありませんでした。

「目の充血」とかで検索すると、怖い重症の病名がズラズラ出てくるので
ずいぶんビビってたんですが、今日眼科に行ってきたんですが。
診断は「花粉症」だ、って。とりあえず重篤な病気でなくて一安心。
(´д`)
花粉症って、僕(ぶねお君)は今回初デビュー。
ただし、鼻の方はなぜか平気なのだが。

先生も
「今年は、今回初だという人がたくさん出てるんですよ。」
だって。今年の花粉は相当凶悪ならしいです。

いただいた2種類の目薬を挿していたら、今日はずいぶん改善しました。
(*´∀`*)

話変わって、

先週の木曜日だが、営業所の転入者の歓迎会の飲み会があった。
期待の新入社員(24才男子)君は、明朗でやる気満々で体育系の優秀な
若者なのだが、自己紹介時に「特技はイッコクドウのものまねです。」
と言い、さっそく演って見せてくれた。
「ものまね」なんて謙遜しているが、これはなんとなんと、レッキとした
本物の腹話術ではないか!(多分)

テレビでも見たことがある、「吹き替え」風のネタで、お口は別の言葉を
しゃべっているのに、声は別のもの、というスゴいヤツ。
はじめて実物を見たのだが、これは本当びっくりする。
まるで現実離れした現象は、マジック以上にマジックみたい。
(´д`)

一同、
「スゲー!!、スゲーーーー!!!」
と叫んでしまいました。

これまで職場マジシャンとして最強の余興担当として名声を欲しいままに
してきた私(ぶねお君)であったのだが、
今回彼のワザを見せつけられるに及んで、他の同僚に
「これは下剋上。。○○さん(←僕)、ヤバいんじゃないですか?」
と言われてしまった。
僕は「そうだね~マジヤバイよこりゃ~。」

後でその新人君に「後でこっそり教えてください。(*´∀`*)」と
お願いしておきました。


さて、本日の話題へ。

先日からコメント欄がたいへん盛況になっております。
多数の皆さま、熱心な長文コメントたいへんありがとうございました。
( ´_ゝ`)
繰り広げられておりますその議題は、
書こうとしておりました「売りネタ ブックテスト対決!」の結果発表の記事
について読者様から「今回はタネの記述を控えて欲しい」旨の要望があった
ことからボッパツいたしました、
当ブログの「編集方針(タネの記述関連)」の適否 → 
ネット上でのマジックのタネの記述の可否の問題であります。

元々の議題であります「売りネタ」に特化した問題については、
私(ぶねお君)の意見及び結論は、先の記事及びコメント欄で述べました
とおりであります。
( ´_ゝ`)

さらに。

コメント欄の後半の方については、「売りネタ」の件ばかりではなく、
もっと一般的に既存のマジック全般、古典作品とか、基本技法、基本原理、
等々についてもいろいろ指摘されて、議論が繰り広げられてます。

ですので、これについても、筆者(私:ぶねお君)は自らのブログの
「編集方針」を整理しておきたい。
(例によりまして、これまで述べてきたことと重複する部分もあります。)

まず結論から先に述べます。

非売りネタのマジック一般(例:古典作品、基本技法、基本原理、等々)
については、
現存する「考案者」、現存する「販売者」というものが存在しないので、
正当な権利を持ってる誰かの利益を損なうということはない。
故に、これらについては、売りネタよりも問題は少ない。

端的に言いまして、

本に書いて出版してもよい内容ならば、それはインターネット上に書いたと
してもまったく問題がない。

というのが僕の意見です。

デビッドホイ式のブックテストや、
(もちろんホフジンサー式も、アネマン式も)
アウトオブジスワールド、アンビシャスカードのタネや詳しいやり方を
インターネット上に書くことは、
これはどこにもなんら問題がないというわけ。
( ´_ゝ`)

いやむしろ。

こういうものについては、むしろ、できるだけ詳しく、
マジックを知らない者でも、それだけを読んで実際に演技できるように
なるぐらいのものの方が好ましい。

なぜならば、伏せ字等でぼかしたり、曖昧に仄めかしたりしたような
中途半端なタネの記述は、それを読んでも実演まではできないため、
これは単にタネの興味しか満足させられず、
これは不必要な「タネ明かし」
(マジックを演じない者がマジックのタネを知ってしまうこと)
になってしまう。

一方で、詳しく具体的なやり方を記述することによって
読んだ方に実際に演じてもらうことができることになり、
そうすればこれは”不必要なタネ明かし”ではなくなるからである。
( ´_ゝ`)

そしてまた。

「よりによって、こんなにも素晴らしい傑作マジックをネット上に
タネを書くのは許せない」
みたいな意見(つまり、あまりよくないネタや小ネタならタネを記載
しても問題は少ないが、素晴らしいネタは問題が大きいという意見)
は多いようですけれども、これもアベコベということになる。
タネの記述は、マジックを演じる者のためにするのであるから、
どうせ演じるなら素晴らしいマジックほど演じる価値があるのだから。


ええと、先のコメント欄で、横レスさんが指摘しておられることは

  *******************************************
  俺もネタばらしを完全にダメなどとは思わない
  マジックを他人に教えてきた事も少なからずあるしな
  しかしそれはあくまで俺自身が認めた人間にのみだ
  ***********************************
  
  
  *****************************************
  私がマジックを教える相手はきちんとマジックを学ぶスタンスの者、
  もしくはそうあると私が認めた者です
  これはマジックに敬意を払うからこそです

  ネットでのネタばらしとはそれこそ同列に語れませんし(以下略)
  *************************************

とのことですが、

もちろんこのようなマンツーマン形式の学習も非常にふさわしいですし
ですし有益だと理解できます。すばらしいとさえ思う。

ですが、

マンツーマン、書籍、インターネット、には、それぞれにメリットがある
と思い、どれか一つのみを肯定したり、どれかひとつのみを否定したり
というのは違うと考えます。
( ´_ゝ`)

私が考えるインターネットの固有のメリットは、
スピード、多数対多数という双方向性、費用が掛らない(無料)、
という3点。

スピードというのは、本を買う、図書館へ足を運ぶ、等々に比べて著しい
メリットがありますよね。
いつでも机上で大量の資料が手に入り、それぞれの突き合わせ、比較検討
とかができる。

双方向性というのは、私が常々強調しております「両論併記」にもつながる
重要な利点。万一、ある者(私を含む)の主張がそれが間違いであったり
問題があったとしても、それを指摘していただくことができるということです。

費用が掛らない(無料)というのは、言わずもがな。
これは明々白々なるメリット。
( ´_ゝ`)
書籍は、記述内容が無料の情報だとしても、紙代、印刷代、輸送費、その他
どうしても費用が掛かる。
また、著者にも取り分がある。
それらは結局、情報を得ようとする者が負担することになる。

”タネ明かし”を批判する方々は常に、
「他人のアイデアで儲けることは問題だ」との指摘をしている。
(もちろん、僕も同感)
だが、有料であるということは、なんらかの形で誰かが利益を挙げている
ということになるのであり、マジシャン全体の共有物であるはずのタネを
もって特定の少数のものが儲けているということになる。
(ただし、僕はそれがいけないと言ってるわけでない。)
そして、本というものは必ず費用が掛る=有料なのだ。

一般の書店で売られているマジックの本はたくさんあり、
マニア向け、一般人向け、入門者向けなど種類も内容のレベルもいろいろ。
これらには、古典作品、基本技法、基本原理、その他が多数記載されて
いるけれども、
こういう本を指して、「タネ明かし」である故に著者や出版社が
批判されることはない。

有料の物が批判されないのに、無料の物(ネット上のタネの記述)
が批判されるというのは、これはつじつまが合わないのではないか?

他人のアイデア(既存のアイデア)を売って利益を挙げている者が
批判されないのに、
無料で他人に役立とうとしている者が批判されるのはおかしいという
ことである。
( ´_ゝ`)


以上の私の意見に反対だと言われる方々は多かろうと予想します。
(私もこういう問題については、自分の考えだけが絶対に正しいとは、
そうは思っていません。何度も言ってすみません。)

この件に関して、反対の方々と、私との相違点は、
つまり、
一般人がマジシャンになる、
マジックの演り方を知らなかった者がこれを知る、
今まで観客であったものが今度は演者になる、
ことについて、その”敷居”を高くするべきか、低くするべきか、という
相違点。

敷居は高い方がよい、というのにも理由はあり、少数精鋭とした方が
一名当たりの演者の質を維持できる等の意図であろうけれども、
マジックというものは非常にわかりやすい大衆向けの娯楽であるという
のが長所のひとつ。(演る方も見る方も。)
こういう長所に着目して、その利点の方に注目すべきだと僕は考える。
また、マジシャンの総数が増えれば、質の高い一流の演者の数も当然
増える。

つまり、私(ぶねお君)は、マジックを演じる敷居は、
今よりももっと低くするべきという意見なのである。
そう。
マジックの演者になる敷居は、低い方が良し。

なぜなら、マジックの存在意義、存在価値はそれは唯一であり、
すなわち観客様の娯楽という一点。
演者が増えれば、観客様はマジックを見る機会が増えるのである。
演者が増えた方が、マジックはその存在意義をもっと発揮できるという
ことなのだ。

そして、敷居を低くするための効果としては、インターネットこそは
効果著しい。
マジックの具体的な学習のために、
インターネットを利用しない手はないと考えるのだ。
( ´_ゝ`)

これに反対の意見の方々(多数派?)は、
マジックはタネの秘密が命であり、マジックのタネを
知る者が増えればマジックは廃れるのだ、
故に、選ばれた少数のふさわしい者、
少数の特に優れた者のみがマジシャンになるべきなのだ、
というようなニュアンスの考えであるようですが、
私(ぶねお君)は、これは必ずしも当たってないと考えます。

真偽は存じませんが、マジェイア氏等の記述で見られる
アメリカという国の事情。
アメリカ人は、ほとんどの人がなにかマジックを2つ~3つは知っており、
普段の日常生活でお互いに演ったり見たりしているのだという。
そして、そういう下地があるから、アメリカではあのようにたくさん
秀逸マジックが考案されるのだ、と。
( ´_ゝ`)

私(ぶねお君)の危惧は、
敷居を高くして、マジシャンの数を少数にするべきだという意見は、
そこに利己的な動機があるのではないか、ということ。
すなわち、
自分がマジックを演ったときに、
「すっごーい!、こんなのはじめて見ました!」
と言われる率を上げて、
「あーー、それ知ってる~。」
「あーー、それ見たことある~~。」
と言われる率を下げようという、そういう自分本位(自分たち本位)の
醜い動機。
観客様本位で演技をしているエンターティナーたるマジシャンがそんな
ケチな考えなわけないじゃないか、とも考えられるが、
あながち杞憂でない証拠に、一部のマニアは、
「あんなにいいマジックをハンズなんかで売らないで欲しい。」
「あんなにいい本を、一般の本屋の棚に並べないで欲しい。」
とか、日ごろ自分たちが指摘している「販売者の権利」「考案者の権利」
に反することまで言い出すぐらいだから。

また、例えば、
「テレビでこういうマジックを演っていましたが、
アレはどういうタネなのでしょうか?
どこで何を見たら学べますか?」
という初心者の質問に、
別な者が
「これこれの本に記載されていますので、この本は他にもすばらしいもの
がたくさん載ってますのでぜひ買ってください。」
とか、
「そのネタはこちらのショップで売っていますよ。」
とか回答すると、それをも批判したりする者も多い。
よいショップでよいマジックを買ったり、よい本でよいマジックを学ぶと
いうのも、これは自分たち少数だけがそれをするべきで、
初心者ごときにはそんなことは許されるべきでない、というのだ。
もちろん、これも著者、販売者の利益に反している。

マジェイア氏も、「歪んだ優越感」が目的でマジックをやっている者は
これは多く存在する、と指摘している。

また、「敷居を高くするべきだ」という意見の側は、それではどこまで
高ければふさわしいのか、という問題もある。
ここで、「高ければ高いほどよい。」というのは破たんしている理屈
である。
もしも、敷居が極限まで高ければ、今いるマジシャンのほとんどは、
これはマジシャンにはなれていなかった。
誰だって、何か、誰か、既存のなにかを経由してマジックを学んだもの
であり、あたかもマジックの秘密は最初から自分たちのものであったか
のような考え方は間違っている。
マジックのやり方等は、自分たちにだけ開かれているべきで、
他者に対しては閉じられるべきだというのでは、それは「歪んだ優越感」
以外の何物でもないのではないか。

とはいえ。

以上は、インターネット上に既存のマジックの詳しいやり方がもっと
記載されるべきだという意見を述べたのですが、

(例えば、「カードマジック事典」や「ターベルコース」並みの分量で、
図解や動画をも乗せていくらでも秀逸マジックが無料で学べるという
そういう箇所があってもいい、とすら思う。
きっと、これらの本の著者が今存命ならば、そういうものの作成に
取り組んだのではないであろうか?、とも。)

私(ぶねお君)が自分でそれをしようとしているわけではありません。
( ´_ゝ`)

当ブログは、マジックを内容とするブログでありますが、マジックの
解説を目的にしたものではないわけです。

私という筆者自身のオリジナル(?)な意見や考え、アイデアや感想とか
そういうものを述べるのが目的でして、その中で、最小限に既存のもの
にも触れるという編集方針であります。
(´д`)
事実、当ブログ中で既存のタネに言及した部分は、全体の中ではごく少数
なのです。

本日のお話は、以上。
( ´_ゝ`)

それでは、このようなスッタモンダによって
だいぶ長らくお待たせしてしまいました
「売りネタ ブックテスト対決!」
の結果発表がついになされる次回更新に、

乞う、ご期待!!
(*´∀`*)
スポンサーサイト
2011/04/17 00:36|雑談その他TB:1CM:25

コメント
納得です。
私も花粉症で毎年苦しんでます。一度発症すると 恐らく毎年 症状がでますから、12月頃から病院に行って置く事をお勧めします。症状が出てから病院に行くより相当に楽ですよ。

今回の内容については、私はぶねお氏の意見に賛同します。特にマジックは、お客様を楽しませる為のものであると言う部分は、中々理解されませんが、私は真理だと思います。手品は、芸能でありお客様との勝負ではありませんからね。
恐らく反対派の方々は、お客様を楽しませる事を第一にマジックをされていない方が多いのでは無いかと思います。
旅人 #-|2011/04/17(日) 06:21 [ 編集 ]


>>旅人 さん

(*´∀`*)
おおお、旅人さんも花粉症だったのですか。

僕は今回が初めてだったのですが、とりあえず30キロばかり
体重減らしてみたら体質改善とかして治るかしら、
って根拠もなく期待しているところです。
でも、ご教示どおり、来年は早めに眼科行くことにしますよ。

>>今回の内容については、私はぶねお氏の意見に賛同します。

賛同ありがとうございます!
とてもうれしいです。
(*´∀`*)

>>特にマジックは、お客様を楽しませる為のものであると言う
>>部分は、(中略)私は真理だと思います。
>>手品は、芸能でありお客様との勝負ではありませんからね。

 ↑
まさしくおっしゃるとおりと思います。


ただし、

 ↓

>>恐らく反対派の方々は、お客様を楽しませる事を第一に
>>マジックをされていない方が多いのでは無いかと思います。

 ↑
ここの部分については、私(ぶねお君)はそうとも限らないと思います。

こういうのは予断とか偏見とかいうべきものでして、
こういうものを排して冷静に具体的に議論できたら
よいのにな、と思っているところなのです。
(´д`)
(ですが、
「自分は一般人にマジックなど見せない」というマニアも
一部いることも事実ですが。。)
ぶねお #-|2011/04/17(日) 09:47 [ 編集 ]

反対派の方たち
反対派の方たちの率直な 御意見が聞いて見たいですが、なかなか投稿がありませんね。
マジックをせっかく覚えても アマチュアには披露する機会が少なくて結局マニア同士の集まりでしかやらない方や 一般の方に披露しても タネ命なので タネ以外の部分が理解出来ていないので お客様に対して対決的にしかマジックを披露出来ない事も現実にあると思いますね。

マジックが嫌いと言う方は、結構いると思いますが、その理由は、楽しいマジックではなく 歪んだ優越感のマジックしか見た事が無いからではないかな?と私は、考えています。沢山の方がマジックの楽しさを本当に理解される方が増えたら日本のマジックは、更に発展するのでは無いかと思います。
旅人 #-|2011/04/17(日) 10:20 [ 編集 ]

気になる
腹話術の人に1000点!!
その動画をyoutubeにアップしたらテレビ取材申し込み殺到だとおもう
京都人 #mQop/nM.|2011/04/17(日) 10:37 [ 編集 ]

?
ぶねおは被災しなかったの?
ひろし #Ip/fgraw|2011/04/17(日) 16:44 [ 編集 ]


>>京都人 さん

ええ。僕も動画をお目に掛けたいぐらいですよ。
今度教えてもらう予定です。
(*´∀`*)

>>ひろし さん

こちら(A田県)は、結局死者は0名でした。
停電とガソリンと食糧の欠乏以外には目立った被害は
ありませんでしたよ。
ぶねお #-|2011/04/17(日) 20:13 [ 編集 ]


>>1614
>>旅人さん

たびたびコメントありがとうございます。
そうですね。
人様にものを見てもらうというのは本当に難しいことですよね。
当ブログのこれまでの記事にもその辺のところに多く言及して
きた部分が多数あります。
(*´∀`*)

>>沢山の方がマジックの楽しさを本当に理解される方が
>>増えたら日本のマジックは、更に発展するのでは無いか
>>と思います。

 ↑
おっしゃるとおりであると思います。
(*´∀`*)
その辺のところも、また皆さんといっしょに考えて参りたいと
思い明日。
ぶねお #-|2011/04/17(日) 20:21 [ 編集 ]


旅人殿

何事かと思えば「反対派=人前で見せない」事になっていますね
タネを大事にするあまり観客に楽しんでいただけないなどはなんの根拠もないように感じるのは私だけでしょうか

私はむしろ逆に思います
“種を大切に考えないものほど観客に楽しんでいただけない”が正論です
種を大切にしていない者の演技を観ればおのずとわかるはずですが

ましてやこちらからの質問や問いかけはすべて無視して「反論がない」などとは話になりません
都合の悪い部分はスルーして「種明かし反対派=観客に楽しんでいただけない」などとのたまっても何の真実味もないでしょう

タネを大切にしている者はマニア同士でマジックを見せ合うというのも意味が不明です
私と議論めいた事をしたいなら今少し論理的に発言ください
横レス #-|2011/04/18(月) 01:40 [ 編集 ]

論点はどこですか?
マイナーブログのこんな話に積極的に参加する気にならなかったのですが、あまりにも議論の進み方がひどいので、一言言いたくて。
横レス氏のおっしゃる通り、論理的な発言をして、この議題の争点は何か整理して下さい。私は正直タネ明かしはインターネットで公開すべきでないという考えに立ってます。

それは、横レス氏が書いてます。
> “種を大切に考えないものほど観客に楽しんでいただけない”が正論です
とほぼ同じ考え方です。「マジシャンが優越感に浸りたい」とか「お金を出したのに、無料で他人に知られるのが悔しい」とか、タネ明かしに反対している人が言ってないことを勝手な想像で論点として持ってくるのは議論が混乱するだけなので、やめて欲しいと思います。

> 沢山の方がマジックの楽しさを本当に理解される方が増えたら
そのために、インターネットでマジックのタネ明かしが有効であるということについて、旅人氏は何の根拠も示せていません。
そのために必要なのは良質なマジックを沢山の人に見せることでると私は思います。タネ明かしをすることがマジックの楽しさを理解してもらえるというのは論理に飛躍があると思います。「このブログはマジックに興味のある人しか見ない」のであれば、なおさらです。論理が破綻してます。そうであれば、このブログで種明かしをしてもマジックの楽しさを理解してくれる人は増えないからです。そして、他の方も指摘していますが、タネ明かしによって、マジックを楽しめなくなる人もいる可能性があるのですから。
他の方も指摘してますが、「聞かれたら教える」という旅人氏は、この点を理解しないまま「インターネットで種明かしをするべき」と主張されているように見えます。

とにかく論点を整理して下さい。
「一般的にインターネット上でタネ明かしはするべきではないのか」
「読書者の少ないこのブログでタネ明かしするべきではないのか(その場合は読書者が何人以上になれは考え直す必要があるのか」
「インターネット上でのタネ明かしによって、マジックの楽しさを本当に理解される方が増えるのか」等々
議論をしたいのであれば、上記のように論点を明確にして(他にもあるでしょうが)、各自の意見・指摘をスルーすることなく、奇譚なく意見を伸べ、反論すべきと思います。
少なくとも旅人氏は、都合の悪い意見はスルーして十分な回答をしていないように見えます。
ネット上で議論するのは面倒で大変です。でも、議論に参加した以上、面倒でもしっかり、論理的にスルーすることなく反論して下さい。
それができないなら、議論に参加しないで下さい。
横から見てるだけ #OUtzmEb6|2011/04/18(月) 04:46 [ 編集 ]

タネを大切にする事
タネを大切にするについては、結局へぶねお氏がおっしゃっている通り ハードルの高さを何処にするかの問題であると思います。
教えて欲しいとお願いされない人に 積極的にネタばらしをする必要は無いと思います。また インターネットで検索までして探す人は、私は教えて欲しいと言う方と同じでは無いかと考えております。タネを大切にすると言うのであれば、基本的には絶対に教えてはいけないと思うのです。そうなると私達は、マジシャンでは無かったんだと思います。
マジックは、元々口伝えであったものが印刷物になり広がり今に至っていると思います。それが ビデオになりDVDになり そしてインターネットと言うものに移行しつつあります。これは、マジシャンになるためのハードルが徐々に低くなって来ていると言う事だと思います。私は、インターネットでネタを公開されて それを見ている方に その公開されているマジックを演じても楽しませる事は、出来ると思います。なぜならマジックが、落語や漫才の様にオチが分かっていても楽しめるのと同じ芸能だからです。
旅人 #-|2011/04/18(月) 07:05 [ 編集 ]

行けない行為なら
タネをばらすことが違法ならば、通報するとかして第3者に判断を任せるのがいいのではないでしょうか?

傍から見ていると最後は感情論になっているような気がします。

傍観者 #-|2011/04/18(月) 12:13 [ 編集 ]


おおお、皆さん、またまた多数の熱心なコメントありがとう
ございます。
(*´∀`*)

ところで、旅人さんの人気に嫉妬(ジョーク)。。。
旅人さんにばかりコメントが付いて、筆者の力作本文の方には
なんら異論等のご指摘がないのは、これは如何に?
かなり率直に書いたつもりであったのであるが。。

(もしかしてひょっとして、旅人さんやぶねぶねさんは筆者の
私の自作自演ではないか、なんてお疑いの人はいませんよね?
もちろん、そんなことは絶対にしておりません。
したこともありません。)

>>横レス さん

先日の貴ご指摘に対する私の意見が、すなわち今回の本文で
あったつもりでありまして。
すなわち、「敬意」「安易に得た情報は~」等の問題を、「敷居を低くする」メリットと勘案して、そちらの方を重視するべきだ、と。
( ´_ゝ`)
貴ご理解のように、
タネが明かされても痛痒を感じない者は、タネに経緯を払っていない、イコール、その者のマジックもつまらない、その者は観客を楽しませられない、
という貴ご指摘についてですが、私が考えるには、これは必ずしも当たっていないことが明白である。
それは、明解な反例があるからです。

そう。

それは、一流(及び超一流)プロによるテレビでのタネ明かし。
これは書籍やインターネットとは桁違いの、しかも能動的に
情報を求めない者に対してまでの、まさしくレッキとした
タネ明かし。

これらを見る限り、タネ明かしができる=一流マジシャン
タネ明かしすらロクにできない=二流以下のマジシャン
ということにすら、なりはしないか?

>>横からみてるだけ さん

そのハンドル名の割には、貴殿様もあまり公平でないと思います。
「議論の進み方があまりにもひどい」として、「争点を整理せよ」
「何の根拠も示せてません」と、
片方の側にだけつめよるのは公平でないですよ。

例えば、京都人さんなどは、「タネ明かしが悪いとは言っていない
。ケースバイケース」とおっしゃっており、そのケースバイケースの
内容とは?と問われると、
「それは明解なものはない。」「解かる人には解かるはず。解からない人には説明などできない。」という感じ(たしか?)の
ご回答でした。
”議論”せねばならぬのなら、なぜ、こういう京都人さんの方には
旅人さんにしたようなご指摘はしないのでしょうか?

また、双方の間に立ってご指摘くださるおつもりならば、
貴殿様が争点を整理してくださったとしてもよろしいのでは
ないでしょうか?

予想してみますけれども(違っていたらご指摘ください)、

おそらく、インターネット上でタネを記載してはいけないというのは
これは常識であり、自明であることだから、だから、これに
反した主張をする者の方に、そちらの方にのみ、立証責任がある、と、そういうことなのでしょうか?

それも一理があるのかも知れませんが、別の見方はできない
のでしょうか?

本来各ブログの筆者には、自らのブログの編集方針を自由に設定する権利がある。そして、お叱りのご意見の側は、今回、本来自由なはずのブログ筆者に対してその編集方針を変更せよ、
と迫っている側の立場である。
故に、どうして悪いのか、どのようなものが可で、どのようなものが不可なのか、それはご指摘をくださる側が具体的に言うべき
ことである、と。

(例えば、の話です。私は「なんでも率直にご指摘ください」と
明言しておりましたので、そのとおりの気持ちです。)

(誤解なきよう申し上げますが、私もテレビでのタネ明かしのみ
は以前から大反対なのです。。。)

>>旅人 さん

いろいろと賛同ありがとうございます。
貴ご意見と僕(ぶねお君)は完全に一致してるのではありませんけれども、例えば
>>1623 のご意見については、私(ぶねお君)も同意です。
(*´∀`*)

>>傍観者 さん

どうやら、これまでのところ「タネ明かしは違法だ」というご意見
の方は未だおられないようですけれども。。
( ´_ゝ`)
ぶねお #-|2011/04/18(月) 19:15 [ 編集 ]

結論は、無いですね。
結局どこまで行っても平行線だと思います。ぶねお氏の編集方針に従って 信念を持ってブログを更新して下さい。
旅人 #-|2011/04/18(月) 19:27 [ 編集 ]

同感
もう議論はいいです、オイらの負けで結構ですから、早く「売りネタ ブックテスト対決!」の結果発表をお願いいたしますぶねぶね
京都人 #mQop/nM.|2011/04/18(月) 19:56 [ 編集 ]


ぶねお

お前の“テレビでプロが種明かしした=テレビで種明かししてこそプロ”というのも相変わらずの思考回路だな
残念ながらまるで話しにならないと言える
ほんの一部の間違いを取り出してすべてのように語るのは相変わらずのようだな

お前はどう考えているか知らんがプロとて人間だ
間違えた事もするし思い違いもある
その間違いを指摘された某プロはマジックキャッスルから除名の危機に陥って初めて種明かしは間違いであった事を認めた

逆に言えばマジックキャッスルとは関われない程度の者は種明かししても実害のあるお叱りがほとんんどない
だからいまだに種明かしを続ける者もいる
むしろ種明かしに頼っているとも言える

お前の言う一流とはそういう事なのか?



もちろんこのブログはお前の自由だ
だから俺はハナから種明かしを止めにきたわけではない
俺の最初からのコメントを読めば分かるはずだな?

ただ考えてみてくれ
“種明かしはネットで積極的にするべき”などとリアルでも言えるのか
プロやショップの店員、その他マジックに携わる者の前で同じ事が言えるのかを考えればおのずと答えがでるはずだ

リアルではとても言えない事をネットならしてしまう行為を信念とは俺は考えない
既存の考えと反し種明かしを正当と述べるならそれなりに信念を持つべきだろう
そうでなくては単に人気取りの行為にしか思えない



ま、またこの話を長引かせても皆様に迷惑になるだろうし、やはり議論にはならないようだから俺も巣に帰る

邪魔したな
横レス #-|2011/04/18(月) 20:56 [ 編集 ]

横レス氏は何がしたかったのか?
横レス氏は、一体何が言いたかったのか?
種明かしを止めに来たのでは無いのか?
ナゾを残して去って行かれましたね。
旅人 #-|2011/04/19(火) 02:46 [ 編集 ]

追記マジックキャッスル
横レス氏は、マジックキャッスルに認められるマジシャン=素晴らしいマジシャンと考えているようですが、これは一つの評価であり絶対無二のものでは無いと思います。私は、マジックを含めて全ての芸能の善し悪しを決めるのは、一般大衆だと思いますよ。
旅人 #-|2011/04/19(火) 08:01 [ 編集 ]

人格攻撃ではありません。
あのー旅人さんはマジックを始められて間もない人ですか?
京都人 #mQop/nM.|2011/04/19(火) 08:50 [ 編集 ]

マジックを始めた時期
マジックを始めた時期は、今から10年位前ですかね。やったりやらなかったりは、ありますけどね。
旅人 #-|2011/04/19(火) 11:19 [ 編集 ]


>>1628
>>横レス さん

プロのタネ明かしの件
そ、そうじゃないんです!
(´д`)
これは、貴ご指摘のうち、
「タネ明かしをする者はタネを大切にしてない者である。タネを大切にしない者は、その者のマジックはつまらない。その者は観客を楽しませられない。」
という部分への反例として挙げただけであって、
例えば、マ○ック、ナポ○オンズ、ふ○いあきら、マギー○司などなどの者は
そのマジックがつまらなかったり、観客を楽しませられてない
というそんなことはないでしょう?
要するに、今争点になっている「善悪」と、マジックのうまい下手、面白いつまらないは、これは必ずしも比例しないという指摘をいたしたものです。
(´д`)

それで、こちらで展開している議論の中で、
これは双方に言えることと存じますが、
自分と同意見の者=善=そのマジックも良し、
自分と別意見の者=悪=マジックも良くない、
という、そういう予断とか偏見とか、そういうものが、
議論という共同作業をしていく上ではマイナスになるという
そういう心配を僕はしているものなのです。
(私及び私に賛成の方々も含めて、双方に言えること。)

ところで、

テレビでのタネ明かしについては、私(ぶねお君)は以前からずっと反対でして、行われるたびに痛撃を受けている側の者です。

プロがやってることだからOKだ、なんてそんな理屈はぜんぜん
言っておりませんので、お間違いなくよろしくお願いします。

>>旅人 さん

旅人さんはそうおっしゃいますけれども、
筆者(私:ぶねお君)は、自分の意見と不一致の部分があるにせよ、横レスさんのご意見は無意味なものとは、そうは
ぜんぜん思っておりません。。
(´д`)
そもそも、私(ぶねお君)も、この問題に関しては、自分の考え
だけが絶対に正しいとは、そうは考えていないのでして、
自分と別意見のご指摘も歓迎いたす旨、最初から申し上げて
来ている次第です。
(´д`)

>> 京都人 さん

またまたまた!
(´д`)
意見の正しい正しくない(自分の意見との一致不一致)、等々と、そのマジックの上手い下手とか経験の有無等は、
必ずしも比例しないということ。

仮に、マジックを始めて間もない方という人がコメントをくださった
としても、私(ぶねお君)なら、むしろそういう方の率直な意見こそ
傾聴したいと思ってる次第です。
ぶねお #-|2011/04/19(火) 23:36 [ 編集 ]


結果発表はまだぶね?
ぶねぶね #-|2011/04/19(火) 23:41 [ 編集 ]

そろそろ発表して下さい。
そろそろ発表して下さい。楽しみに待っていますよ。
傍観者 #-|2011/04/20(水) 01:26 [ 編集 ]

失礼しました
いやいや失礼いたしました! つい、あまりに意見が合わないもので、どこに原因が
あるのか? と。。。

>>意見の正しい正しくない(自分の意見との一致不一致)、等々と、そのマジックの
>>上手い下手とか経験の有無等は、必ずしも比例しないということ。

ぶねお君の見解は良く分かりますよ。
ただ、○○は○○だからといって必ずしも一致[比例]しない。という言い回しをしてしまうと
マジックに限らず物事のほとんどがそうだと思うんです。
だから、いつまでたっても平行線なんだと思います。

お互いに理解しようとする気持ちがないと分かちあえませんよね

早く次の解決編の記事をアップしていただいて、その記事で良い所、悪いところを
皆で考えればいいのではないですか? 
京都人 #mQop/nM.|2011/04/20(水) 07:50 [ 編集 ]


>>ぶねぶね さん
>>傍観者 さん
>>京都人 さん

ぶねお #-|2011/04/20(水) 22:33 [ 編集 ]

ワンパターンぶね
えっ、また始まったぶね(笑)
京都人 #mQop/nM.|2011/04/20(水) 23:07 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
【花粉症 漢方薬】 たくさんのコメントありがとうございます。「編集方針(タネの記述
[花粉症 漢方薬] たくさんのコメントありがとうございます。「編集方針(タネの記述 診断は「花粉症」だ、って。とりあえず重篤な病気でなくて一安心。 (´д`) 花粉症って、僕(ぶねお君)は今回初デビュー...
花粉症対策情報ブログ 2011/04/17(日) 16:24

トラックバックURLはこちら
http://buneo1969.blog85.fc2.com/tb.php/239-46ac3bff

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

FC2カウンター 

プロフィール 

ぶねお君

Author:ぶねお君
はじめまして。
ぶねお君と申します。
(*´∀`*)

40才男子、会社員、妻と2女児(小5、小3)がおります。
趣味がマジックなのですが、今までマジック関係のいろいろなところにいろいろなハンドルで
投稿してました。
(*´∀`*)
マジック歴は10年超なのですが、相変わらず下手です。
(ですがたまには大成功します。)
マジック自体は下手ですが、マジック関連の投稿については、
分量も鑑みて相当やれる方かな、って自負してる僕。

最新コメント 

リンク 

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック 

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QRコード

Copyright(C) 2006 40才ぶねお君のマジックブログ人気ナンバーワン! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.