FC2ブログ

マジックが趣味の40才男子ぶねお君が、マジックブログの人気ナンバーワンを目指す! (*´∀`*)日々の記事は、実演に役立つ 「ヒント集」たる項目です。次行中央、「全記事一覧」をぜひクリックしてごらんください。

カテゴリ 

カレンダー 

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事 

月別アーカイブ 

FC2カウンター 

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

 

ぬるぽ
(´д`)

(押してください。)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

手品・マジックランキング
スポンサーサイト
2018/10/14 21:20|未分類TB:0CM:0

 


手品・マジックランキング
 ↑
いったんは順調に首位(キング)に返り咲いたものの、
その後、一日の中ですら、数時間単位で「1位←→2位」間を乱高下しています。
(´д`)
好敵手たる、強敵たる秀逸HP様も、秀逸記事での連続更新とか、
とてもがんばられておられますね。
このような素晴らしいHP様と、当ブログが好敵手として競り合っているという
のは、とても光栄なことと思います。

それにしても、応援してくださる愛読者の皆様には、感謝に耐えません。
いつも本当にありがとうございます!!
(*´∀`*)

さて、今回は、緊急告知です!

テレビ東京の東京方面での放送
平成30年10月7日(日) 午後6:30からの放送
「モヤモヤさまぁず2」の「高知から秋田へスペシャル」にて、
私(ぶねお君)が登場します!
 
 (※ ただし、秋田県内での放送は、
  AKTにおいて、数週間遅れの土曜日の午後日中(詳細未定)になる。)


予告編はこちら。
 ↓
モヤモヤさまぁ~ず2スペシャル「高知から秋田へ!空前絶後の弾丸ブラブラ旅」(テレビ東京 公式)
(※ 予告編には私(ぶねお君)は映ってないが、本編にはちゃんと映っているそうです。)

ただし、これは、私(ぶねお君)がメンバーのひとりとして長年通っております、
趣味のマジシャンの会合、「A田県マジック同好会」が取材を受けたものであります。
決して私(ぶねお君)自身が取材対象になったものではありません。

A田県マジック同好会 公式ブログ
http://boi1998.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

さて、当該番組ですが、
東京方面の方は、明日10月7日に見られるはずですので、
当ブログの愛読者の皆様もぜひご覧くださいね!
(*´∀`*)
こちら(A田県内)ではまだ見られないわけなのですが、
ご覧になった皆さんは、
番組内での概要をコメント欄から私(ぶねお君)に報告してくださればうれしいです。
(*´∀`*)
まだ編集後の画像の内容を存じてないうえに、
放送日当日でもまだ見られないというのははがゆいです。
(´д`)

すみません、今回は緊急告知のみにて失礼いたしました。

次回以降の、本格的なるマジックの話題での濃厚な連続更新に、
乞う、ご期待!!!!

あ、ところで、冒頭で押し忘れた方は、これをポチっと
クリックしてください!
強敵たる秀逸HP様とのデッドヒートに競り勝ちたい、
キングオブマジックブログを今回も応援してください!
いつもありがとうございます!!
 ↓

手品・マジックランキング
2018/10/06 12:57|未分類TB:0CM:4

 


手品・マジックランキング
 ↑
(*´∀`*)
何度でも不死鳥のように蘇る、キングオブマジックブログ!
今回は、7度目の首位奪還をいたしたいと思います。
今回も応援の方をよろしくお願いいたします!!
いつもありがとうございます!!!

(*´∀`*)
それにしても、当ブログ、キングの貫禄がたっぷりで、
いつも相当に強いですよね。
もちろん、愛読者たる皆様のお陰です。

さて。

今回の雑談は、我が郷土A田で活躍中の「ご当地ヒーロー」の人気グループ
「ビートファイターエース」の話です。
(*´∀`*)
ビートファーターエース 公式サイト
https://www.ace-dance.net/character

以前にこちらのブログでも話題にした、ご当地ヒーローの元祖たる、
「超神ネイガー」(http://neiger.world.coocan.jp/)に似てもいるけれども、
相違点も多い。
ネイガー → 格闘技のジムが母体 
ビートファーター → ダンス(パラパラ?)の団体が母体
ネイガー → セリフが方言丸出しで人気
ビートファイター → セリフは方言を封印して標準語のみ
ネイガー → 司会のお姉さん以外、男くさくて重厚
ビートファイター → 女性登場人物が多数
ネイガー → A田県内では知名度抜群 老若男女、知らない者はない。
ビートファイター → まだ「知る人ぞ知る」って感じ。

実は、この私(ぶねお君)は、この9月23日(日)と、9月24日(月)の二日間、
A田県内の県央部、Y市の市内にオープンした大きな書店、
「ブックスモア」様の開店イベントにて、
地元の同好の方々5名(私自身を含めて6人)といっしょに、マジシャンとして
ボランティア出演をしてきたのであった。
(*´∀`*)
→ A田県マジック同好会 公式ブログ 
   http://boi1998.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

そして、このイベント、
他のいろいろなジャンルの出演者の方々がグループやら単独やらで、
メインステージに次々に登場して、とてもおもしろかったんですよ。
(*´∀`*)
なかでも、私(ぶねお君)が一番気に入って、ファンになってしまったのが、
この「ビートファイターエース」なのであった。

ビートファイターエース、多数の登場人物たちのなかでも、
一番、私(ぶねお君)がすっかり気に入ってしまって、ファンになって
しまったのが、こちらの方。
(*´∀`*)

ビートガール スクアーロ さん
ビートガール スクアーロ
 ↑
イイ!!。良すぎる!!!
(´д`)ハァハァ。

女性戦闘員が3名も登場するのだが、むろん、いずれの方もとても素敵なのだが、
なんといってもこの水色の方が一番すばらしい。(他の2名の方には申し訳ありません)
格闘シーンがとても様になっており、体操選手のようなキレのあるアクション、
キックの足は頭より高く挙がり、
はにかむような、笑顔のような、それでいて凛々しいお顔の表情も最高です。
(´д`)ハァハァハァハァ。

会場で、ビートファーターのメンバーの方々、ヒーロー側の役の方も、
敵の怪人側の役の方とも、結構お話を伺ったんですけど。
この水色の方は、すばらしすぎて、まぶしすぎて、醜悪な肥満体たる私は
この方には近寄ることができませんでした。
実に惜しいことをしました。
(´д`)

DSC02198_convert_20180929075236.jpg
 ↑
だが、私(ぶねお君)のステージを、出演時の衣装のままで
ご覧になってくださっており、
しかも、笑顔でウケておられる!!!
身に余る光栄ですよ。(*´∀`*) 

さて、ところで。
実は、私(ぶねお君)は、ビートファイターエースと同じステージに出演するのは、
これで2回目だったのでした。
前回は、なんと5年前。

2013年1月の記事
http://buneo1969.blog85.fc2.com/blog-entry-348.html
 ↑
ここで、「戦隊もののグループ」と言っているのが、当時のビートファイターエース。
おそらく活動を始めて間もなかったころであろう。
このころは、主人公たる「エース」のほかは、司会者の女性ひとりと、
敵の怪人がふたり、と、そのぐらいの構成であった。

ウケもさほどでもなく、当時はなんと、マジシャンたる私(ぶねお君)の方が、
圧勝していたのだ。
観客動員数は、こちら(マジシャン:ぶねお君)の方が向こうの3倍以上だし、
おばさまたちの「ギャハハハハハ」「ギャーーハッハッハッハ」の笑い声は、
まるで昔のドリフの番組のように会場に高く響き渡るし。
( ´_ゝ`)

過去記事の中で、私は自慢げに、他の出演者のグループに、
「ヤバい~、おもしろすぎる~」(この人の直後の出番だと苦戦する~、という意味)
と言われた、と記載しておりましたが、
この「ヤバい~、おもしろすぎる~」と言っていたグループというのが、
ほかでもない、当時のこのビートファイターの方々であったのであった。
( ´_ゝ`)

だが、それから5年後たる今回。

集客力も、観客席の反響も、いつの間にか、完全に逆転されてしまっている。
(´д`)
観客人数も、挙がる歓声も、向こうはこちらの3倍以上。
立場は完全に入れ替わったというわけ。

このグループのリーダーも実際に務めておられるという、
主人公の「エース」の中の人と会場でお話できたのだが。
やはり、女性ヒーローを使うようになってから、人気が急に沸騰したものなの
だそうです。
この大人数での興行、ほぼボランティアでやっていて、メンバーたちは他に職業
を持っている有志の方々なのだそうです。
そして、その日出演できるメンバー次第で、
複数のストーリー展開があるのだそうです。


すっかりファンになってしまった「ビートファイターエース」、
この後もこちら(ぶねお君)も方々にマジシャンとして出演していく過程で、
きっとまたお目にかかる機会があると思います。
(*´∀`*)
その日を楽しみにしています。そして、そのときこそは、水色の方(スクアーロさん)
と、同じスター同士として、お話など交わしたいものですよ。


あああああ、マジックのブログでした!!!!
(´д`)

さて。
( ´_ゝ`)

前回の更新で、
「おもしろオモチャは無理してマジックにしなくてよい」
と、ブチあげましたその次の更新で、早くも反転したかのような
内容で申し訳ありません。

「フィジットキューブ」のマジシャン的活用法、と題しております。
( ´_ゝ`)

フィジットキューブというのは、こちら!
ご存じの方も多いと思いますが。。。
https://riche.life/2261
http://ascii.jp/elem/000/001/479/1479476/index-2.html

3センチ×3センチぐらいのサイコロ型(立法体)に、各面にいろいろ
なボタンやスイッチがついている謎の品物です。
( ´_ゝ`)

実は、先日、近所のスーパーに買い物に行ったところ、
売れ残ったらしき玩具系の品物が、ワゴンセールにて山盛りになって
売られていた。
そこに、面白オモチャの一種らしいらしい謎の立方体が380円で売ってあって。
題名は「ハンドキューブ」と書いてある。

説明書きは英語で、「オフィス、ホーム、クラス」と書いてあり、
押す、だとか、回す、だとか。
パッケージに記載されている英語の説明を読んでも、なんのことがわからず、
どうやって遊ぶんだろこれ、って、その謎が私(ぶねお君)を引き付けてしまった。
で、帰宅して開封して実物をいじってみても、ますます謎が深まる。
(´д`)

そして、インターネットを検索してみたところ、やっと意味がわかった、
というわけなのです。
( ´_ゝ`)
そうです。いろいろなスイッチやボタンを、押したり、いじったりして、それだけ。
暇つぶし、癒し、を目的に、手でいじるだけ、という品物。
( ´_ゝ`)

私(ぶねお君)は、これは少しだけ気に入ってしまった。
家族や、会社の若者同僚たちに見せびらかしてご満悦。

さて、マジシャンたる私(ぶねお君)は、せっかくのこの面白い品物を
マジシャンライフの上でどう使うのか?

前回の更新では、
「おもしろオモチャは、無理をしてマジックにせずともよい」
という主張をしていたのでありましたが。
ですが、このフィジットキューブは例外になると思います。
( ´_ゝ`)
この「フィジットキューブ」は、そのまま、オモチャ本来の機能をお見せしても、
見た人が楽しいってこともなかろうはずですから。
スイッチやボタンを押しても、ぜんぜん何も起こらないというものなので。

「仕掛け」を用いた現象を見ることに喜びを感じるマジックの観客様の興味
を引くとは思えない。

この観点からは、まだ「ハンドスピナー」の方がマシとも思えました。

ところが!!!

次々にいろいろなアイデアが湧き出る、アイデアマン・マジシャンたる
この私(ぶねお君)、その着想の妙、アイデアマンとしての能力の高さは、
当ブログの左肩部分「オリジナル作品」や、
「演じ方とか相違工夫とか」のコーナー(クリックしてシリーズでお読みください)
の豊富な内容が示すとおりです。
(*´∀`*)

今回も、この「フィジット キューブ」、とっさのアドリブにて、
非常におもしろい活用法を思いついてしまったのでありました。
( ´_ゝ`)
これは何度も試しましたが、ずいぶんおもしろく、結構な大うけになりますよ。

マジシャンであって、「フィジットキューブ」をお持ちの方はきっと多かろうと
思いますが、私のこの案を試さないのは損だと思います。

( ´_ゝ`)
さて、このアイデアを、このブログで発表してしまおうと思うのです。
インターネット上では、今のところ、他の方で同じアイデアを述べている方は
おられない模様。

た・だ・し!
条件があります。
( ´_ゝ`)

「フィジットキューブのアイデア、公開希望!」というコメントが、コメント欄から
10件以上寄せられること。
そして、当該コメントには、筆者ぶねお君を応援するコメント、
「貴方にとって、ぶねおブログとは?」なぜぶねおブログをご愛読なさるのか、
その魅力について、その他、
筆者が喜び、今後の参考にもなることをどうか付記していただきたい。
(*´∀`*)
どうか、よろしくお願いいたします。


それでは、フィジットキューブのマジシャン的活用法のアイデア、
「公開希望」のコメント10件以上、
GO!!!!
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓



あ、冒頭で押し忘れた方は、どうかこれをクリックしてください。
いつもありがとうございます!
(*´∀`*)
 ↓

手品・マジックランキング





2018/09/30 18:40|未分類TB:0CM:3

 


手品・マジックランキング
 ↑
 ↑
今回も、平民(3位) → プリンス(2位) → キング(1位) と、
大外からごぼう抜きにて躍進する予定です。
(*´∀`*)
6度目の首位奪還を目論む、
最強のマジックブログ(キング オブ マジック ブログ)を、今回も応援してください!
(*´∀`*)
いつもありがとうございます!!


さーて。( ´_ゝ`)

当ブログでは、雑談としてこれまでも何度も、
筆者の私(ぶねお君)の肥満解消ほか、健康上の諸問題の解決のために実施している
「断食」の話題を取り上げてきました。
もちろん、断食中は、アルコールもなしで禁酒状態です。
(ただし、サプリメントで「マルチビタミンミネラル」と、「カルシウム・マグネシウム」
は摂取しながらの断食です。)
( ´_ゝ`)

これまでのたいがいのパターンは、

  「本日で断食〇日目です! 明日以降、〇日まで貫徹します!
  どうか読者の皆さんも応援してください!」

と、このブログの冒頭の雑談部分に記述して、

そして、どうしたわけか、お約束として、ブログの記事中でそう述べた
その当日(当該記事を書き上げた直後とか)か、遅くてもその翌日には、
なぜか決まって断食が挫折してしまう、というお決まりのパターンばかりなのでした。
( ´_ゝ`)

ですが。

先月8月のことでありました。
8月28日(火)は、私(ぶねお君)の勤務する会社の、
年に一度の健康診断の日。

10日間の断食をしてこれに臨む予定であった私(ぶねお君)であったのだが、
毎回のお決まりのパターンにさすがに自らも嫌気がさした私は、断食は決行しつつも、
ブログの雑談でその断食を取り上げるというのを、ついに封印したのであった。
( ´_ゝ`)

その結果!

当該封印が功を奏し、約7~8年前に達成した我が生涯の断食の最長記録、
「9日間」を1日だけ上回る、「10日断食」を達成してしまったのであった。
(*´∀`*)
この10日間は、朝も昼も夜も完全に絶食。
少量のサプリメント類以外は、固形物は一切口にせず、
飲み物も、水(レモンを数滴たらす場合もあり)とブラックコーヒーと無糖のお茶類のみ、
塩分が入ったものについては、妻子の夕食の残りの煮物やみそ汁のおつゆや上澄みを
一日にせいぜい1口~3口ぐらいのみ。

体重は、93キロ台 → 85キロ台で、約8キロの減。
見た目でも肥満がやや解消されたようにも見えたらしい。

(*´∀`*)どうです、結構やるでしょ?
やるときはやる男だな、とこの私を見直した方もおられると思います。
ふはははは。


だが、しかし!
(´д`)

これまでも、私は、長年に渡り、
自らの肉体を実験台とし、いろいろダイエットや健康法を研究してきた。

最長の記録たる、10日間の断食を達成した結果、
いろいろと新しい事実がわかってしまったのであった。

それは。

これまでの私(ぶねお君)は、自己流の断食療法で、多数の数値系の諸問題
を根こそぎに、短期間で激・改善してしまっては、診察した医師氏にも驚嘆されたり、
感心されたり、あきれられたりの経験は多数なのだ。

今までの数値系の激・改善の経験、
それはいずれも、できるだけ長め(10日だとか、2週間だとかを目標に)
の断食を目指しながらも、3~5日間ぐらいで挫折して中断、
というのを、1~2週間の間隔をあけながら繰り返すというものによっていた。
( ´_ゝ`)

私自身は、これは、私(ぶねお君)の意志の弱さゆえ、中途半端なことに
なってしまっている、それでも少しは効能があって改善できていたが、
本来ならばもっと長期間断食して、もっと効果を出すべきなのだ、
と、そう考えてあった。

ところが!

今回は、初めて認識を改めさせられました。

今回、わかってしまったこととしまして。
断食というものは、3~5日間以内にとどめて、そして、1~2週間の間隔を置きながら、
これを繰り返すというのが、多分、もっとも効果がある。
( ´_ゝ`)

私がこれまでに「断食」の実施においてしてきたこと、
例えば、ブログに断食決行中であることを記述しては、その日か翌日に
挫折して中断するというのを、お決まりのパターンとして繰り返すということが、
これが期せずして正解であったということなのだ。

なんということだ!
( ´_ゝ`)

なぜ今回はこれがわかってしまったのか?

それは、今回、10日間断食状態で健康診断に臨むということの直前の日、
8日間目の土曜日、近所の医院にて、健康診断に先立つ血液検査を、ズルを
してあらかじめ受診してあったのであった。

なぜそんなことをするのか?
私の会社の健康診断は、結果がくるのが遅いのであった。
去年は特にひどかった。4カ月だか、5カ月だか掛かったのである。
( ´_ゝ`)

なので、7日間断食状態での結果がすでにわかってしまっている。
おそらく、健康診断当日もほぼ同じ結果であろう。

結果。

血圧、血糖値関連、中性脂肪は確かに急改善して正常値まで下がっている。
( ´_ゝ`)
だが、断食前、肥満ほぼマックス状態ではかったわずか数週間前の献血の
結果よりも、肝機能、そして血中コレステロールは逆に悪化している!
(善玉コレステロールの低下と、悪玉コレステロールの上昇)

肝機能と血中コレステロールは、
3~5日断食では改善するが、7日間以上の断食では逆に悪化する!
(私の場合だけなのか? 人にもよるのか?)

思えば、約8年前、9日間断食状態で臨んだ健康診断もそんな感じ。
肝機能も思ったほどは改善してなかったうえに、
その当時はほとんどひっかかったことがなかった「脂質」も、なぜか
ちょっとだけひっかかってしまったのであったのだ。
そのときは、誤差の範囲内のこと、ぐらいに思ったものであったが。

こうして今回、7日間以上の断食で、肝機能と血中コレステロールは悪化するという、
厳然たる事実を突きつけられた私は、インターネットでいろいろ資料を漁り、
対応策を検討した。
( ´_ゝ`)
科学的な理屈の方は、私は飲み込めてはいないのだが、これは、
長期の断食 → 飢餓状態 → 栄養失調 → 肝機能と血中コレステロールの悪化
という、そういう話らしいのだ。

(*´∀`*)
そして、解決策。
インターネットほかで資料を漁ったところ、意外に超簡単な対策があった。

しかも、肝機能と血中コレステロールと血糖値関連、私が課題としている
諸問題、そのいずれにも効くという話なのである。

(*´∀`*)
こういう流れで以下を記述しますと、またまた胡散臭い話に見えてしまうでしょうけれども。

それは、「オリーブ油」。
( ´_ゝ`)
家庭の台所に常備されている、目玉焼きとか、野菜炒めとか、ソテーとかを焼いたり、
揚げ物を揚げるのに使う食用油。
オリーブオイルは、こういう食用油の一種としてスーパーでも普通に売っている。

これを、1日に大さじ1杯、毎日飲むというもの。
ネット上の資料には、さらにこれに同量のレモン汁(ポッカレモン)を加えるとある。

オリーブ油が健康にものすごく有益なのだという話は、ネット上だけでなくて、
世には昔からとても有名であって、健康オタクである私ももちろん知ってはいたのだ。
私が幼児のころから、テレビのCMで、「かっけましょう~、一滴~。」とか、
サラダ油のCMが流れていたぐらいだ。
また、オリーブオイルを大量に消費する国の国民は、なぜか平均寿命が長いという
話(「フレンチ パラドックス」?とか言ったっけ?)とか。

だが、これまでの私は、
直接「飲む」という方法は、試そうと思ったことはなかったのだ。
( ´_ゝ`)

そして、10日間断食と、その後の健康診断が明けた当日から、
私は、スープ等を飲むのに使う「れんげ」にいっぱいに注いだ
オリーブオイル(最高級らしき「エキストラバージンオリーブオイル」)と
レモン汁の混合液を、朝と晩の2回、ぐびぐびぐびと飲み干したのであった。
それも毎日欠かさず。
レモンのさわやかさで中和されて、意外に脂っこさは感じない。
とても爽快。
また、コクもあって結構おいしく、
健康によいんだ、と思っていれば味覚にも影響あるであろうし、
オリーブオイルの美味にすっかり病みつきになりました。
(*´∀`*)

そして、これをたったの2週間ぐらい試した後のある土曜日。
断食明けの反動で、飲酒と過食は結構なものだったのに関わらず。
私は近所の医院(先日行った医院とは別なところ)に行きまして、
またも血液検査。

これは私は実は、まだほとんど改善まで至ってないであろうが、
とりあえず、「飢餓状態」「栄養失調状態」が解消された後、
肝機能と血中コレステロールが少しはよくなってるのではないか、
と思い、
そしてもまた、今後「オリーブオイル」で改善して行く前の、
「使用前」の数値をデータとして取っておこうという意図でもあったのだ。
( ´_ゝ`)

その結果。

胡散臭い話として読まれそうで、自分でも残念です。
(´д`)
まだたったの2週間しか経ってないのに、肝機能も、血中コレステロールも
激・改善!
ほぼ、正常値に近いぐらいまで低下。
肝機能など、半減どころか3分の1以下にまでなった。

オリーブオイルが効くというのはきっと確かだろうと思ってはいたが、
こんなに短期間でこれほどの著効があるとまでは予想していなかったですよ。
(*´∀`*)
そういうわけで、昨日も今日も明日もあさっても、オリーブオイルの飲用はずっと
続けて行く所存でっす。

そうして、上記のすったもんだの末に今回、
今後の方策として私が新たに考案した、ダイエット新戦略。

それは、

1日0.5食の半断食(1日1回のみの食事で、分量は通常の1食未満)に加え、
オリーブオイル プラス レモン汁を大さじ1杯×朝晩2回、毎日ぐびぐび飲むこと、
そして、栄養失調を避けるべく、タマゴ1個か納豆1パック、あるいはその両方を
日々摂取する。
アルコールは控え気味にすべく心がけるが、禁酒まではしない。

そして、上記の方法は、少しばかり長期に実施してもきっと弊害はないはず、という仮定の元で、
10日なり、2週間なり、もっとなり、できるだけ長期間、目標体重になるまで続行する。

そして、ときどきは挫折して中断してしまうというのも、これもメリットのあることだと
して肯定しながら、あせらずに続けること。

というもの。

数々の失敗からデータを取り、自分の肉体を実験台にして
編み出した、自分にとって最適にして最強のダイエット・健康法!
( ´_ゝ`)
これにチャレンジしていきます。
(*´∀`*)
まあ、何カ月か後には、すばらしい結果とともに、実証実験の概要を
こちらでもご報告したいと思っています。
(*´∀`*)



ああああああ、マジックのブログでした!
(´д`)


さーて、今回更新における、当ブログの本題たるマジックの話題の方は。
(*´∀`*)

「おもしろオモチャは無理してマジックにしなくてもよい」
と題しております。
(*´∀`*)

まずは、これらの動画をご覧ください。
(*´∀`*)


 ↑
「プラネット フライ ボール」という商品名が付せられた、子ども向けらしいオモチャ。
手の平だけで簡単に、上昇、下降を操ることができる。実は昨日買ったばかりです。
まだ、観客様たちの目にはお目に掛けていませんが、近日採用する予定です。

近所のスーパーで、「ワゴンセール」で知育玩具系が安く山もりになっているところで、
先日はじめて購入。1,280円。
帰宅して遊んでみたらば、想像以上に面白かったので、壊れる前に、売り切れる前に、
と、翌日も行って、残り在庫2個あったうちの2個を買い占めてしまいました。
( ´_ゝ`)



 ↑
長年に渡って集めた、貯金箱状のおもしろオモチャのコレクションの披露。
通っている地元A田のマジシャンたちの例会において、同好のマジシャンたちに対して
披露したもの。 

はい。

以上、このブログの読者様たる、マジシャン・マジック愛好家の皆さんも、
きっと必ずやご興味深々たる、おもしろオモチャ、仕掛け付きオモチャたちの動画でした。
(*´∀`*)

下の方の動画に掲載されている品物の一部については、
だいぶ以前ですが、写真付きの記事として当ブログで言及していたこともありました。
 ↓
http://buneo1969.blog85.fc2.com/blog-entry-49.html

さて。

当ブログの特長としまして。

マジックというものについて、おそらく同好の皆様が大多数であろう読者様たち
といっしょに、趣味の話題を楽しみましょうという点は、他のマジック関連HPやブログ
と同様でありますが。
他所とは違う当ブログの特長としては、
「ありきたりのことは決して述べない」
ことを編集方針のひとつとしているということが挙げられると思います。
(*´∀`*)

今回の本題も、その1例となるものと自負しております。
(*´∀`*)

従来、マジシャンたる諸兄は、
今回ご紹介したような「おもしろオモチャ」「仕掛けつきオモチャ」を見つけたり、
手に入れたりした際には。
「これはおもしろい!どうにかしてマジックの中で使えないかな?」
と、すぐにそのように考えてしまうものと思います。

そして、「カード当て」に使ったり、「予言」の現象の結果として使ったり、
何か結果を表す前段に使ったり、等々々。

そして、そういう創意工夫こそが、マジックを趣味にしている「冥利」だと
考えて、喜んで悦に入ってしまっている。

そういう同好の皆さんに対して、私(ぶねお君)が今回、提言いたしますことは。
「そのような場合、無理をして『マジック』にしなくてもよい。」
ということです。
すなわち。

マジックの演技の中で、マジックをご覧になる観客様に対し、
こういうおもしろオモチャの類をお目に掛けたいときは、どうするか?

この議題に対する、私(ぶねお君)の回答は、
面白オモチャ、仕掛け付きオモチャは、これをそのまま、観客様の前にお示しして、
そのオモチャ自体の、そのオモチャの本来の機能(等)を、直接ダイレクトに見ていただく。
これがベストなのだということです。
( ´_ゝ`)

そして、もちろん、それは定義としてもはや「マジック」ではないですし、
それどころか「演芸」ですらもなかったりもします。
だがしかし、それこそが正解なのだ、と、私(ぶねお君)はそれを確信するものです。
( ´_ゝ`)

その結論に至る、考え方等についてです。

以前、私(ぶねお君)がこちらで述べてあったこととも少し関連しております。
「演目の構成:ブチブチバラバラな演技」
http://buneo1969.blog85.fc2.com/blog-entry-103.html

従前、各ネタを単体で演技する「ブチブチバラバラ」の演技はよくない、
と、マジシャンたちは主張しているのだが、これは間違いである、という
話をしているものだったのです。
( ´_ゝ`)

演者側の自己満足を排し、観客様の目線に立って、観客様本位の娯楽性を考えると、
正しい結論に至ることができます。

演者は、「演技」をやりたがる。
演者は、自己「が」、表現したがる。
演者は、自己「を」、表現したがる。
演者は、マジックをすることによって、自分の力量を示したがる。
演者は、マジックにストーリーを付けたがる。
演者は、マジックを「構成」したがる。

そして、それらについて、「なんのために?」ということを省みると、
「観客様の娯楽のため」というのが正解たりうる唯一の回答なわけなのだが、
そこが健全・率直にはそのとおりに成り立っておらず、
「観客様の娯楽のため」と言いつつも、それは「おためごかし」になってしまって
いるという面は、否めないのだ。
演者側の自己満足が目的とされ、観客様の娯楽は二の次にされているという
事実が、実際の現実としてあるのである。

その証拠は?。

その証拠についてだが、趣味のマジシャンたちはしばしば、

  「怪しい道具を取り出してマジックをしても、道具に仕掛けがあるんだ、
  道具を買えば誰でもできる、と観客に思われてしまう。
  だから、ノーマルデックや、ノーマルコインで演技するマジックこそが最上。」

とか、

   「ノーマルのバイシクルでせっかくすごいマジックをしても、しばしば、
  観客たちには、『でもそれって手品用のトランプなんでしょ?』と言われてしまう。
  こういう分かってない観客たちには悔しくて腹が立つよね。」

とか、マジシャンによる実際のこういう発言はネット上とか、実際の会話でも
結構な頻度で飛び出している。

これらの発言は、マジシャンはしばしば観客様の娯楽というものが唯一のマジックの
存在目的であり、マジックの存在する価値はその1点以外には存在しないという
ことを忘れてしまっているということの動かぬ証拠ではないのであろうか?

もし、マジックの目的が観客様の娯楽という1点のみであることを、マジシャンが
本当に理解しているとするならば、
「道具を買えば誰でもできる」と観客が思ったり、
「手品用のトランプだ」と観客が思ったり、
それによりマジシャンが悔しがったり腹を立てたりする必要などないはずではないか?

私(ぶねお君)は、そのように考える者であります。

さて、ここで、視点を少し変え「マジックの定義」のことから、再考してみます。

HP「マジェイアの魔法都市案内」において、「奇術の定義」と題された文章。
http://plaza.harmonix.ne.jp/~k-miwa/magic/biginner/teigi.html

  ******(引用開始)*******************************

  奇術の定義には色々ありますが、泡坂妻夫氏による次の定義は過不足なく、
  奇術という芸をうまく言い表していると思います。
    「奇術とは、合理的な方法によって、観客の知覚を誤らせ、不思議の世界を
    体験させることを目的とした芸能である。」
  『トリック交響曲』泡坂妻夫 時事通信社 1981年

  *******(引用終了)****************************


マジェイア氏は、この泡坂妻夫による文章を、「過不足なく」定義を言い表している、
と言っているが、それはそのとおりだが、もっと短く、もっと平易な言葉遣いで言うことは
できる。
「合理的な方法によって、観客の知覚を誤らせ」とは、すなわち、
「タネ、仕掛け、トリックを用いて」ということであるし、
「不思議の世界を体験させる」とは、「体験」と言う語句の範囲が、実際に
実施されている多くの「奇術」の実例よりも広くなってしまうで、
大仰すぎて実際のイメージからは遠ざかってしまっている。
よりわかりやすく日常的に言うには、「不思議な現象を起こして魅せる」とでもいうべきだ。
ここで、「不思議」という語句にも、「現象」という語句にも、その定義というものに
議論の余地はあるが、キリがないのでここあたりで留めるのが適。

そして、逆に、補足を加えてもよさそうな部分もある。
「芸能である」という部分。
「芸能」の定義とは?
これは、観客という者の前に、演者が登場して、そして、観客様の娯楽のために、
演者がなにかをやって見せたり、やって聞かせたりなどの表現をするもの、と、
そのように定義されるだろう。

つまり、もっとも平易にわかりやすく言うならば、

  マジックの定義
 = 観客様の娯楽のために、演者がタネ・仕掛け・トリックを用いて不思議な現象を
  表現して見せるもの。

ということでよかろうと思われる。

そして、私(ぶねお君)の今回の主張、マジックの観客様たちに、
おもしろオモチャ、仕掛け付きオモチャの類を、ただ単純にこれを取り出して、
そのままオモチャそのものの機能をお見せする、という案は、
この「定義」の観点からはいったいどうなるのか?

演者が演じて魅せているのではないから、たしかに「芸能」でなく、したがって
「マジック」でもない。マジックの定義には該当しない。
それは確かに言えている。

だが、「観客様の娯楽」という語句、そこを主語としてこの問題を考えるとき。
マジックの観客様が見たいものとは、「タネ・仕掛け・トリックを用いて表現される現象」
である。
仕掛け付きのオモチャを取り出して、それを単体で示しても、「観客様の娯楽」という
観点からはそれは充たされる。
そこに抜けているのは、「演者」の立場のみ。
だが、もし「観客様の娯楽」が「第一」であるとするならば、
定義に当たらないからと言って、マジシャンが観客様の前に立っている(座っている)
目的には合致している以上、これを否定することはできない、ということである。
( ´_ゝ`)

さらにまたまた。

演者とはなにか、ということをここでもう1度考えた場合だが。
観客様の前で、演者として立っていれば(座っていても)、それは演者なのである。
矛盾するようだが、演芸をしていないのだとして、演者は演者である、という別な
定義も可能である。
  (あ、別な定義とか言って、都合いい話だと思うでしょうけれど違いますよ。
  すべての語句は、狭義の意味、広義の意味、本来の意味、転用された意味、
  などがあって、ある観点からの定義と、別な観点からの定義は一致してなくても
  当然なのです。)
面白オモチャを取り出して示すだけの演者でも、それは存在してよい、という話になる。

ずいぶんややこしい言い方をしてしまいましたが、要するに。

マジックの観客様は、こういう仕掛け付きオモチャは好むはずである。
したがって、これを単体で見せられてもきっと喜ぶはずなので、
「それではマジックにならないのではないか?」ということは
そこは無視してよい、というそういう話であります。

さーて、さて。

ここでさらにもう一度、さらに視点を変えて考えます。
実例を考えるという視点であります。

有名プロマジシャンによる、有名ネタで、しかも、
「それはマジックではないのでは?」と言われかねないようなブチブチバラバラなる
単体ネタについて。

ひとつは、ふじいあきら氏の口からゾロゾロとトランプカードを吐き出すもの。

そしてもうひとつは、マギー真司氏の「ボクの耳が大きくなっちゃった」というもの。

マジックの作品としての元ネタについては。

前者は、デックを箱から取り出して卓上に置く。すると枚数が足りない。
演者が口からカードを15枚~20枚ぐらいゾロゾロと吐き出してデックに加える。
ところが、まだ足りない。演者はさらに口からゾロゾロ吐き出す、というもの。

後者は、マジックショップ「ミスターマジシャン」で売られた作品で、
カードを当てると言って、その前に、こっそりと隣の人に耳打ちしてカードを教えて
あげてください、という。
そして、後ろ向きのまま、カードをずばり言い当て、
「言っておきますが、私は決して聞いていませんでした。」
と言って演者は前を向くが、その耳には大きな耳が付いている、というもの。

どちらも、仕掛け付きのオモチャをそのままダイレクトに見せるのと同様の
表現であることが理解されます。
そして、それが一番の正解であることも。

さらに、最後になりますが、私(ぶねお君)自身の実演について。

2番目の方の動画でご紹介した、冒頭の2つの「貯金箱」。
ひとつは、お札をシュレッダーにするもの。
もうひとつは、ジョウゴのような形状のものに、コインがシュルシュル回転する
というもの。

これらは、実は、今年度に入手したばかりのものなのですが、
すでに何度もマジックのステージの場で、実際の観客様たちの前に供しており、
いつも「ほう~」「へぇ~」と歓声もあがり、結構に喜ばれています。

演者自身が、

「これ、結構おもしろいすべ? どこがマジックなんだと言われそうですけれど。」

とか自分で言い、そこでも笑いが取れたり、とても有益に活用できています。
( ´_ゝ`)

今日のお話は以上。

さて、雑談部門、本題たるマジックの話題の部門とも、書きたいことはたくさん
貯まっています。。。
濃厚なる連続更新がなされる次回以降に、どうか、乞う、ご期待!!!!
( ´_ゝ`)


あ、キングによる6度目の首位奪還を応援してください。
冒頭で押し忘れた方はどうかこれをクリックしてください。
いつもありがとうございます!!
  ↓
  ↓
  ↓

手品・マジックランキング

2018/09/16 20:34|演じ方とか創意工夫とかTB:0CM:2

 


手品・マジックランキング
 ↑
 ↑
更新を怠っておりますと、
キング(首位) → プリンス(2位) → 一般人(3位)
と、見る見るうちに転落して行きます。
(´д`)

だが、筆者の方は毎日更新しているわけでないのに、
読者様方に対しては、

  「毎日いらしてください(はぁと)。(*´∀`*)
  そして、毎日ボタンを押してください(はぁと)。(*´∀`*)」

と、そのように要求するというのも少し筋が違うような気がします。
(´д`)
まあ、そんなことはいまさらの話なのですが。
( ´_ゝ`)
筋が違うといいつつも、またも応援をお願いしてしまうものです。
( ´_ゝ`)

そゆ感じでして、5度目の首位(キング)復帰を目論む、
人気ナンバーワンブログを、どうか今回も応援してください!
(*´∀`*)
いつも本当にありがとうございます!!!
(*´∀`*)


さて。

今日の雑談は、滋養強壮に効くサプリメント(医薬品?)、
「キヨーレオピン」のお話です。
(*´∀`*)
熟成ニンニク(ニンニクを2年間、
漬け込んで発酵させ、液状にしたもの)
が主成分。
液状のこれを、1mmのカプセルに注入して、そうして飲むというもの。
(*´∀`*)
 ↓ 
http://lifegarden.club/?p=1804

  ********(引用開始)****************************

  栄養ドリンクや錠剤のビタミン剤も飲んだりしますが気休め程度で、
  身体の変化が感じやすく、安定の効果が得られたのはレオピンだけでした。
   (中略)
  身体の調子が悪いときや、病気にかかり身体がつらいときは飲んでいますが、
  いまだこれ以上のものには出会えていませんね。
   (中略)
  ■その効果は・・・
  これは個人差があるのでしょうから、タメゴローの個人的な感覚で伝えさせて
  もらいますと、
  「身体が熱くなり、内側から元気が出てくる」
  というものです。
   (中略)
  冬などで、風邪をひいたりしても、寒くてかなわない状態でレオピンを
  2~3錠(普通は大人で2錠まで!)飲んで寝ると、
  一眠りすれば”暑くて起きる”ほど体温が上がります。
   (中略)
  これのおかげか、大体タメゴローの風邪は1日で治ってしまうことが多く、
  また、なんか調子わるいな~、という時でも2錠飲んで寝ると、
  次の日にはうそみたいな身体の調子よさになっています。
    (中略)
  また、近年の夏は暑さが異常だと感じますがそんな暑さの中、  
  監理のお仕事で建築の現場へ行ったり、
  一日調査などを行うとへとへとになるのですが、
  そんな夜と朝に1~2錠飲んで寝ることで、ひどかった疲れが抜けて
  くれたと感じて起きることができるので、とても重宝しています。
  もちろんアクティブになる夏の「夏バテ対策」にも使っています。

  *******(引用終了)*****************************

 ↑
こんな感じで激賞されています。
( ´_ゝ`)

1988年にアメリカで書かれた有名な名著だという
「食べるクスリ」(ジーン・カーパー)という本だが、
健康オタク、ダイエットマニアとしての私(ぶねお君)も文庫版を
持ってて愛読している。
薬効のある食材を多数あげて、民間療法や、実際に科学的に確認された
最新の論文(っても1988年当時の最新であろうが。。。)などを
引用してあります。

薬のように効く食材を50種類ぐらい挙げてあり、
コーヒー、ショウガ、タマネギ、はちみつ、ヨーグルト、オリーブ油なども
激賞されているのだが、
この本の中で一番激賞されているのがニンニクなのであった。

そこでは、ニンニクは、感染症、がん予防、血液の粘度を下げる、
血圧、血中コレステロール、中性脂肪、免疫の向上、気管支炎、
去痰剤、などに効く、と明記されている。

そして。

激賞されているのは、食材たる実際のニンニクそのものなのだが、
加工したものについても言及してあって。

  「ニンニク油、カプセル、錠剤、調剤、は? 専門家はそれらの多くには
  ニンニクの有効成分がほとんど入っていないか、まったく入ってないと
  警告している。」

と、言いつつも、ひとつだけ例外がある、ということで、

  「アブダラー博士の調べでは、市販されているニンニク調剤のなかで
  唯一効果があったのは、日本のキョーリックだった。
  キョーリックには、免疫機能を高めるのに必要な活性をもった成分が
  ふくまれていた。」

とのこと。
これも、当時は私(ぶねお君)も知らなかったのだが、後でわかったのでした。
この「キョーリック」というのが、「キヨーレオピン」のアメリカでの商品名なのだ
ということなのです(アメリカ製サプリの通販サイトでわかった。)。
 
脱線しますが、近頃(って、もう何年も以前からだが)のインターネットは、
検索しようとして、検索ワードを入力する窓に途中まで打ち込むと、
すると、その窓の辺りに別な窓が開き、検索ワードの「候補」が上がってきます。
そして、この「候補」自体が、こちらが知らなかった情報を与えてくれる立派な
資料になりますよね。
( ´_ゝ`)
今回、「キヨーレオピン」でインターネット検索しようとしましたところ、
「キヨーレオピン 福山雅治」が5位ぐらいの順位に上がってきて、
福山雅治はキヨーレオピンの愛用者として有名なのだ、ということを
初めて知りました。
そして、見つけたHPがこちらです。
他にも有名な歌手やタレントたちが多数、「キヨーレオピン」を愛用している
ことがわかってしまった次第。
 ↓
http://beautyg.eek.jp/2018/02/26/post-1776/

ところで、私(ぶねお君)とキヨーレオピンの出会いについて。
( ´_ゝ`)
12~13年以上以前になるが、当時、私(ぶねお君)は、
半年~1年~2年ぐらいのペースにて、「痔」を発症して苦しむという
のを繰り返してあった。
そして、悪化した際には、トイレが鮮血に染まって真っ赤々になってしまって
いたのだ。
(´д`)
医者にも掛かったことはあったが、たいがいは市販薬で対処してあった。

そして、近所のドラッグストアに「ボラギノール(注入軟膏)」(等)を買いに
行った際、商品棚を物色してて、ああ、痔に効く飲み薬(漢方薬)というものも
あるのだな、と思っていたらば。
薬剤師たる女性店員さんが、近づいてきて、
「痔にお困りですか?痔に効く飲み薬と言えば、なんと言ってもコレですよ。」
と、勧めてこられたのが、キヨーレオピンであったのだ。

そして女性薬剤師氏、さっそく1カプセルをサンプルとしてその場で注入して、
飲ませてくれたのであった。

聞けば、キヨーレオピンとは、大昔から滋養強壮薬として有名なのだが、
元々は痔に効く特効薬としてスタートしたものなのだそうな。

こういうことを言えば、またまた大袈裟な、と思われるであろうが。

さっそく購入したキヨーレオピンを、半信半疑でその日の昼と夜に飲んだところ。
すると、何日も止まらなかったお尻からの鮮血ドバドバ状態が、翌日には止まり、
さらにその翌日(翌々日)には、痛み(かゆみ)もストップ。
自覚症状としては、ほぼ全快状態。
(´д`)

さすがに偶然だろうな、話ができすぎている、と、そのときは思ったのだが、
その後も偶然とは思えないぐらいの効能があったようだ。

キヨーレオピンは、結構値段が高いので、年間通じて常用するというわけには
行かないのであった。。
そして、少し続けて飲んでいれば「痔」は大丈夫なのだが、しばらく止めていると
またまた悪化してしまう、というのを何度か繰り返した。
その際は、まずいまずい、しばらくキヨーレオピンを怠っていたものな~、
と思って、再開すればまたすぐに完治(自覚症状のうえで)、というのが、
何度も繰り返されたのであった。
( ´_ゝ`)

そうして、キヨーレオピン、飲んだり止めたりしていれば、やっぱり効き目という
ものを感じる。
健康診断の数値系とか、ダイエットやら自己流の断食療法やらで、短期間で
激・改善した実績を多数持つ、カリスマダイエッターたる私(ぶねお君)、
これまでもこのブログでも何度もそういう系統の話題を取り上げてあったのだが。

単にダイエットや断食をするよりも、キヨーレオピンを併用した際の方が、
数値系等の改善度合いが高いような気がなんとなくしているのであった。
( ´_ゝ`)
キヨーレオピンなしで断食しても、なぜかすぐ挫折してるような感じ?

なぜ今日、そんな話を急に語りだしたのか、と言いますと。
実は、今回、何年も(3~4年以上ぐらい?)止めていたキヨーレオピンを、
1カ月ぐらい前から、再開しているのであった。
狙いは、今月の28日(あと2週間ちょい)に実施される、会社の健康診断。

献血の結果などで予測しているのだが、このままでは、過去の最悪期に迫る、
いや、最悪の記録が更新されるぐらいの凶悪・極悪な成績が叩き出されてしまう。
(´д`)

そこで、今日(1日目)から、あと2週間ちょい、「断食 プラス キヨーレオピン」
療法にて、病根を一挙に叩き潰す予定にしているのです。
( ´_ゝ`)
どこまでやれるのか、このブログの読者様方もどうか応援をよろしくお願いします。
( ´_ゝ`)
果たして「予定どおり1日で挫折しました」という報告になるのか、否か?
乞う、ご期待です。


あああああ、マジックのブログでした。
(´д`)

「ボランティア出演が活況」と題しております。
マジックブログをこんなにも放置して、更新を怠ってしまっており
申し訳ありません。
ですが、ブログの更新を怠っている割りに、マジシャンとしての私(ぶねお君)は、
活躍の場がどんどん広がって、実に充実したマジシャンライフを送っているのです。
(*´∀`*)

フツーの筆者でありましたら、ブログ(日記)って、日々の活躍をつぶさに記載する
もので、ブロガーたるマジシャンだったら、マジック出演したならば、
欠かさずその模様を写真で報告するものですよね?
( ´_ゝ`)
だが、当ブログの場合は、どうしたわけかそれがほとんどなかったのでありました。

この8月は、特に活況でありました。
なんと、7回(7日間)の出番!
(うち、4回が出演済み。残り3回はこれから)
道の駅のイベント×2日間に加え、町内の集会所での高齢者の方々、
福祉施設、そして、郡部の方だが、商工会様主催の歩行者天国、ほか。

いずれも、たいへんに喜ばれています。
リピーターも増えておりますほか、評判が口コミで広がっており、
  「〇〇さんのマジックがとてもおもしろいと、評判をお聞きしました。
  ぜひ私の方にも~」
と言われて依頼を受けるのだが、実際に出かけると今度は、
  「お聞きして想像していた以上におもしろかったです(はぁと)。」
と言われてしまうのでありました。

(*´∀`*)うふ。

そんなことを言いつつも、実はこれは、私ひとりの手柄ではなくて、
これらのうち多くは地元のマジック同好の方々との共演形式によるものなのでした。
 ↓
A田県マジック同好会 公式ブログ http://boi1998.blog.fc2.com/

そういうわけで、当ブログ(ぶねおブログ)も、
世のブログのように、多数の写真にて活況ぶりをご報告したいと思います。
(*´∀`*)

DSC01418_convert_20180812141304.jpg

DSC01438_convert_20180812141334.jpg

DSC01446_convert_20180812141418.jpg

DSC01488_convert_20180812141632.jpg

DSC01517_convert_20180812141710.jpg

DSC01523_convert_20180812141801.jpg

DSC01558_convert_20180812141825.jpg

DSC01560_convert_20180812141925.jpg

DSC01561_convert_20180812141959.jpg

DSC01562_convert_20180812142027.jpg

DSC01619_convert_20180812142158.jpg

DSC01623_convert_20180812142229.jpg

DSC01624_convert_20180812142301.jpg

DSC01633_convert_20180812142335.jpg

img20180812_13542212_convert_20180812140909.jpg

img20180812_13560760_convert_20180812141029.jpg

img20180812_13570521_convert_20180812141135.jpg

img20180812_13550460_convert_20180812140954.jpg

マジックはともかく、この肥満体、ちょっと善処が必要ですよね。
(´д`)
2週間以上の断食を今日から開始なので、後日、スリムになった演者の
実演の写真を報告したいと思います。
( ´_ゝ`)

近頃は、どんな演目をやっているのか、自分(ぶねお君)自身の備忘も兼ねて、
ちょっとここにメモしておきたいと思います。

〇 リンキングリング(4本)
〇 剣刺しカード(ちらばらないバージョン) (←過去ログ参照)
〇 ゾンビボール(接着バージョン) (←過去ログ参照)
〇 破らない新聞紙の復活 (←過去ログ参照)
〇 フォーナイトメアーズDX 
〇 何度も繰り返し当りを引くカード ジャンボカードバージョン (←過去ログ参照)
〇 ボール紙製の「サイコロの貫通」
〇 棒のように固くなるロープ(ダイソー。なんと100円!)
〇 マルチカラーロープリンク(3色のロープが輪になる)
〇 お札シュレッダー(貯金箱の玩具)
〇 硬貨がグルグル回転する貯金箱(玩具)
〇 「残念でした」(サイコロ柄のボードを裏返すと~)
〇 飲み物が復活するグラス(アイスコーヒーが何度もグラスに満タンになる)
〇 絵が現れる絵本(白紙 → 白黒の絵 → カラーの絵)
〇 4つ玉とネストボール(8個になる)(←過去ログ参照)
〇 新聞紙とグラスの交換
〇 大根、ゴールドバー、電動ハトのプロダクション(←ゴールドバーは過去ログ参照)
〇 ダンシングケーン


今日のお話は以上です。
(*´∀`*)
それでは、次回は、もっと本格的に、マジックというものの本質に
ずばずば具体的に切り込んでいきたいと思います。

乞う、ご期待!!!!


あ、冒頭で押し忘れた方は、ポチっとどうぞ!
3位(一般人) → 1位(キング)に、ごぼう抜きにて躍進する
人気ナンバーワンブログを、今回も応援してください!!
(*´∀`*)
 ↓

手品・マジックランキング
2018/08/12 16:44|雑談その他TB:0CM:7

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

FC2カウンター 

プロフィール 

ぶねお君

Author:ぶねお君
はじめまして。
ぶねお君と申します。
(*´∀`*)

40才男子、会社員、妻と2女児(小5、小3)がおります。
趣味がマジックなのですが、今までマジック関係のいろいろなところにいろいろなハンドルで
投稿してました。
(*´∀`*)
マジック歴は10年超なのですが、相変わらず下手です。
(ですがたまには大成功します。)
マジック自体は下手ですが、マジック関連の投稿については、
分量も鑑みて相当やれる方かな、って自負してる僕。

最新コメント 

リンク 

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック 

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QRコード

Copyright(C) 2006 40才ぶねお君のマジックブログ人気ナンバーワン! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.